相続税の仕組み

 相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかります。

 

 また、基礎控除があり、遺産の評価額が基礎控除以下であれば相続税がかかることはなく、税務署へ申告する必要もありません。

 

 さらに、配偶者控除や小規模宅地の評価減等により、相続税がかからないこともあります。