不動産の評価問題

 相続税に最も大きな影響を与える財産の一つが不動産です。

 

 不動産の財産価値が高ければ高いほど、相続税の負担も大きくなるため、不動産の財産価値をどう評価するかで大きな金額負担の差異が発生します。

 一般的に、不動産の評価は税理士が路線価と不動産面積から算出します。
 それぞれの道路には価格が決まっており、これを路線価といいます。

 その価格を調べて不動産の面積を数式に当てはめれば、不動産の大まかな価値を算出できます。

 

 しかしながら、不動産は個別性の非常に高い財産ですから、これだけでは適正な不動産価格は出せません。

 しっかりと現地に行って、高低差や、不動産の形、交通手段や周辺の施設をチェックし、それらの要素を加味して、最終的な「不動産の価値」を算定します。

 

 ただし、注意すべき点は、すべての税理士がこの不動産評価をすることができるというわけではない点です。

 

 相続税評価に慣れていない税理士は、この不動産評価を適正にできず、相続人が払わなくてもよい相続税を払わされ、後に訴訟になったり、他の税理士が税務署から払い過ぎた分を取り戻す請求を起こしたりすることが少なくありません。

 

 弊社では、主に相続を取り扱っている税理士や不動産鑑定士と連携して業務に取り組んでおります。

 

 相続税評価にお悩みの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。