後見人の役割

後見人の主な役割は以下の二つに大別されます。

 

◆財産管理

  対象となる「財産」は、不動産、動産、債権債務等、制限はありません(一身専属的権利除く)。

  ・預貯金

  ・貸金庫取引

  ・不動産の売買

  ・賃貸借の設定

  ・家賃の支払、受領

  ・年金等給付金の請求、受領

  ・保険料、公共料金の支払

  ・遺産分割の協議等

 

◆身上監護

  生活や療養看護の手配

  ・介護サービス契約

  ・診療契約

  ・入院入所契約

  ・介護保険の要介護認定申請

  ・異議申立

  ・ケアプランに対する同意等

  ※実際に食事の世話や介護サービスをするということや、治療行為の同意や居住場所を決定することではありません。