相続人には誰がなれるの?

◎相続人の範囲

 

 ◆相続人の範囲と順位

 

  

  胎児は相続人としての扱いですが、死産した場合は相続人ではなくなります。

 

 ◆相続人になれない者

 

  

 

 ◆代襲相続

 

  相続が開始したときに、相続人が既に死亡している場合、その者の子に相続権が移ります。

  これを代襲相続といいます。

  さらに、代襲相続人も死亡している場合には、その子に再代襲・再々代襲します。

  尚、兄弟姉妹は、その子までしか代襲相続は認められません。