売却活動の流れ

 不動産の売却活動は多くの人が一生に何度も経験するものではありません。

 ここでは「資金計画から「現地のご案内」「売買契約」「お引渡し」まで、ご売却時の流れと、各ステップでの留意点やポイントをご説明致します。

 ランディではこれら一連をサポート致します。

 

 

 

 なぜ売却をするのか? いつ売却や引越しをしたいのか? いつまでに売却資金を取得したいのか?等からご相談させて頂きます。

 売却をするきっかけは「手狭」「縮小」等の買い換えや「転勤」等による資産処分、「相続対策」、「資金調達」等様々です。

 売却活動を開始する前に、まずはご相談をさせて頂き、最適な売却の時期や方法等をご提案致します。

 

 

 

 査定をする前に、不動産の調査をさせて頂きます。

 現地をはじめ、その周辺や役所、県庁、法務局、上下水道局、ガス会社、管理会社等、個々の不動産に関連するあらゆる機関で調査を行います。

 これをランディでは全て宅建士が重要事項に基づく調査します。

 そして、調査結果を踏まえ、周辺相場や市場動向により査定価格を算出します。

 この査定価格はおおよそ3ヶ月以内で成約できる価格をご提示します。

 もちろん、査定価格は売出価格ではなく、不動産は各オーナー様のご所有物ですので、ご希望条件等を伺い売出価格を設定致します。

 

 ※調査不足による不動産トラブルは全国的に非常に多くあります。売却では価格が最も重要ではありますが、取引時または取引後のトラブルを避ける事も大変重要です。経験が物言う点とも言えますが、確実な調査が出来る人物を選ばなければなりません。

                                                            

 

 

 売却活動を開始する場合、オーナー様とランディにて媒介契約を締結させて頂きます。

 詳細は媒介契約についてをご覧下さい。

 

 

 

 売却活動そのものでは、オーナー様がこれをしなければならないということはあまりありません。

 ランディがお客様へのご紹介をしたり、現地をご案内したり、資金計画をしたり等、契約条件の調整に至るまで全てを行います。

 尚、ランディの売却活動については弊社の売却活動をご覧下さい。

 オーナー様は以下のような契約や引渡しに係る準備等をケースに合わせて行って頂きます。詳細は都度ご案内します。

   ●測量   ●覚書の締結  ●委任状の取得  ●抵当権等の抹消

   ●解体   ●リフォーム   ●引越し       ●設備表、物件状況等報告書の作成  etc...

 

 

 

 購入希望のお客様が現れましたら購入申込書(買付)をご提出頂き、諸条件や引渡日等を調整し、売買契約へと進みます。

 売買契約ではご準備頂いた設備表や物件状況等報告書による告知、重要事項説明を経てご署名・ご捺印による売買契約の締結となります。

 この際には買主様よりオーナー様へ手付金をお支払い頂きます。

                                                             

 

 

 残代金の受領及び物件の引渡しを行うために、準備を行わなければなりません。

 以下の様々な準備について、ランディがお手伝いやご案内をさせて頂きます。

   ●借入金の返済    ●抵当権等の抹消  ●所有権移転に必要な書類の準備

   ●公共料金の精算  ●引越し         etc...

  また、契約時の告知内容との相違や雨漏り・シロアリの害、境界標や越境の有無等を確認します。

 

 

 

 売却活動の最後に残代金の受領、諸費用のお支払いをします。そして鍵の引渡しや測量図の引渡しを行い物件の引渡しとなります。

 登記所にて(司法書士等が)所有権の移転登記を行います。

 

 オーナー様によっては確定申告が必要です。こちらについてもご相談や税理士のご紹介をさせて頂きます。